パーキンソン病への取り組み

パーキンソン病(症候群)への取り組み


パーキンソン病はドーパミンの減少という神経伝達物質の問題ですが、運動療法として日々行える事で進行を遅らせる事ができます。


パーキンソン病(症候群)の特徴として無動、振戦、筋固縮、姿勢反射障害が代表的なものですが当院では対策として①動作を大きくする取り組み②前傾(姿勢)に対する取り組み③声かけによる取り組みに重点を置いております。

その他の取り組み


パーキンソン病では仮面様顔貌になりやすい為に口の運動や顔のマッサージも効果的です。


またそれは筋肉的な問題で起こりうる事で感情にはお変わりないはずですので声かけやコミニュケーションも並行して行い生活の質を落とさずに生活して頂ける事を目標に取り組んでおります。