座り直し 後方介助

座り直し後方介助は前方介助程ではないですが被介助者の足が接地していて膝の角度が鋭角の方が介助者が楽です。


介助者は被介助者の後ろに立ち介助者の胸で被介助者の背中を押します。

そして・・・

①被介助者に前傾になって頂く。

 

 


②被介助者が前傾になりお尻が浮いたらお尻を手前に引きます。

(腕を引く方法もありますが前腕の骨は弱いのでおススメはしません。)

 


ポイントは被介助者のどこを掴むかですが私は「坐骨(結節)」あるいは「太もも」を掴むような形で大腿骨を持つイメージで行っております。